内祝いを送る時期について

お祝いをいただいてから1か月以内が、内祝いを送るというのが一般的です。ただ、遅れそうというときには、遅れることがわかったときにすぐにそのことを伝えて、できるだけ早めに送るようにします。

失敗しない!おすすめギフトランキング

no.1

普段は購入しないような上質なタオルのセット

上司や先輩、近しい人にも贈りやすいタオルセットは一番人気です。普段購入するよりも上質なタオルセットがおすすめです。

no.2

単品でもセットでも人気がある紅茶

日持ちする紅茶は喜ばれるギフトです。高級感があるデザインの紅茶やお菓子やフラワー付きの紅茶セットも大人気ギフトとなってます。

no.3

縁起がよい贈り物と人気のバームクーヘン

バームクーヘンは縁起がよい贈り物として人気があります。生地の層が年輪のようと長寿なイメージがあるということから人気です。

no.4

縁起がよい贈り物と人気のバームクーヘン

種類豊富なドレッシングは、定番の味からちょっと変わった味まであり、内祝いの贈り物として金額的にも最適といわれています。

no.5

おかずにおつまみに使えるハム・ソーセージ

ソーセージやハムは日持ちもよく、食事だけでなくおつまみにと幅広い人に利用しやすいため人気があります。

女性

お礼の意味がある

内祝いは、お世話になった人たちに挨拶とお礼の意味を込めて品を贈るのが特徴です。内祝いには、結婚祝いもあれば、出産祝いなど、誕生から長寿まで、人生の節目となる日の祝い事に贈られるのが特徴になります。結婚の報告をしたり、挙式を執り行ったのなら、内祝いを贈りますが、新生活をスタートできた感謝の気持ちを返します。また、披露宴に招待できなかった人からもお祝いをいただいた場合、その半額程度の品をお返しします。

結婚のお祝い

内祝いといっても、臨機応変に対応しましょう。例えば、結婚式というめでたい席では、先方の都合で出席できず、お祝いだけをいただくこともあります。その場合にはあえて内祝いを贈ることはせず、引き出物をお返しとして贈るのがマナーです。もちろん、基本はいただいたお祝いの半額程度の品を贈るのが特徴です。品物の表書きは「内祝」として、新しい名字を記しましょう。この時には夫婦連名で記すのがマナーですし、もちろん、引き出物を贈るにしても次席表なども入れて贈りましょう。

広告募集中